CBDオイルの使い方や摂取量について|苦い、胸焼けする場合はHFカプセルで対策・バターコーヒーとの相性も◎

CBDオイルの正しい飲み方

CBDオイルの正しい飲み方(使い方)

CBDオイルの飲み方

 

・CBDオイルを舌の裏側(舌の下(ぜっか))に垂らす

・60秒~120秒ほど置いてから飲み込む

 

CBDオイル摂取量の目安

CBDオイル摂取量の目安

 

CBDオイルの濃度(容量)や、体格、用途などで摂取量は違います。

 

コスパも高く、飲みやすくて人気のグリースCBDオイルCBD濃度5% 30ml』で例を挙げると、

CBD濃度容量飲む量CBD摂取量
5%30ml0.25ml12.5mg
5%30ml0.5ml25mg
5%30ml0.75ml37.5mg
5%30ml1ml50mg

 

1日のCBD摂取量は16mg~30mgが推奨されています。(60mg~90mgまでを推奨するデータもあります)

 

 

医療大麻やCBDについて情報を発信している熊本のお医者さん。とても分かりやすい解説なのでぜひチェックしてみてください。
摂取量については動画内2分24秒~ で説明されています。

 

また、自分の体感。家族や友人。ネットでの口コミなどの集計的には、耐性や体格などで感じる効果が全然違います。

CBD摂取量5mgで効果を実感する人もいれば、
50mgでもあまり効かない人
も居ます。

 

最初はCBD摂取量5~10mg(目盛り0.25mlの半分ほど)から調整してみると良いと思います。

 

苦くてまずい&胸焼けする場合

先ほど例にあげたグリースCBDオイルは、ほとんど無味無臭で飲みやすいのですが、商品によっては草の味がして苦かったりするので、胸焼けしてしまう方も居ます。

その場合は、

HFカプセルなどに入れると、飲みやすくなります。

CBDオイルをHFカプセルに入れる

>>HFカプセル

 

3号~4号辺りがサイズ的に飲みやすいと思います

 

また、

腸で消化するので、効き始めるまでは遅いですが(じっくりゆっくり)とCBDを吸収できます。

 

バターコーヒーとの相性も◎

 

そのままコーヒーに垂らしている方も多いですが、通常CBDオイルは水に溶けないので、バターなどと合わせることで吸収効率が高まります。

※チョコレートなど油系の食事と相性が良い

 

ただ苦いCBDオイルと合わせると、コーヒーの美味しさが損なわれてしまう可能性があります。

 

・目盛りが付いていて量を調整しやすい

・高品質ブロードスペクトラムCBD

・苦味が少なく飲みやすい

・匂いも少しオイルの匂いがする程度

・コストパフォーマンスがトップクラス

 

海外(スイス)から厳選されたCBD原料を輸入し、徹底した品質管理をしている日本国産の人気ブランド、

グリースCBDオイル がおすすめです。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました